審美歯科や矯正歯科で美々っと美しい歯│目指せ口元美人

歯

器具の装着

注目されずに治療が受けられる、現在の矯正歯科治療

現在の矯正歯科治療では、患者の負担を取り除く取り組みがなされています。矯正歯科治療と言えば、従来、目立つ矯正器具を装着しなければならないというイメージがありました。ただでさえ、口元は注目されます。そこに、目立つ矯正器具を装着するならば、更に注目されることになります。そうなることが嫌で、矯正歯科の治療を受けないという人も多くいるはずですし、そのことが矯正歯科治療の大きな問題点でした。 しかし、現在では新しいタイプの矯正器具が開発されていますので、注目されずに矯正歯科の治療を受けることも可能になっています。新しいタイプの矯正器具とは、歯の近似色、または透明の矯正器具であり、歯の裏側に装着する矯正器具です。歯の近似色、または透明な矯正器具ならば目立ちませんし、歯の裏側に装着する矯正器具ならば、目立たないどころか見えることすらないのです。 まだ、これらの新しいタイプの矯正器具を使用している歯医者の数は限られていますが、近い将来、多くの歯医者が使用することになるでしょう。

国が用意している高額な治療費の救済措置

しかし、歯医者、ひいては歯科医療、歯科業界では取り除くことが困難な患者の負担もあります。それは、治療費です。矯正歯科治療の治療費は全般的に高額であり、平均すると子供の場合、50万円程度、大人の場合ですと100万円程度してしまいます。 治療費が高額な理由は、保険制度と関係しています。矯正歯科治療に保険の適用は認められていますが、認められている治療は、ごく一部です。従って、ほとんどの治療は、保険が適用されない治療となっています。保険が適用されない治療の治療費は、すべて患者が負担しなければならないので、治療費が高額になってしまっているのです。 この問題は歯医者等が改善できる問題ではなく、国しか改善できない問題です。つまり、この問題の改善策は、国が保険の適用条件を見直すことなのです。しかし、今のところ国は、見直す予定はないようです。 しかし、国は救済措置を用意してあります。年間に10万円以上医療費の支払いがある場合、納める税金の一部が免除される医療費控除という制度を設けているのです。ですから、医療費控除を利用すれば、高額な治療費を支払ったとしても、一部還付されることになるのです。 医療費控除は確定申告の際に申請すれば、受けることができます。但し、医療費控除が受けられないケースもありますから、事前に歯医者に確認した方が良いでしょう。