審美歯科や矯正歯科で美々っと美しい歯│目指せ口元美人

歯

歯並びを治す

治療は矯正を専門とする矯正歯科で

 以前から知られている一般の歯科は、虫歯や歯周病、歯槽膿漏などの歯の疾患を主に治療する診療科である。一方最近よく耳にする矯正歯科は、歯並びを正常な状態に戻す、いわゆる歯列矯正を目的として専門的に治療をする診療科である。  一般の歯科でも歯の矯正をする最低限の知識や技術は有している。しかし矯正治療は、例えば歯の装着器具を使用する時など、患者の歯や顎の骨の詳しい特徴を把握して治療方針を決定しなければならないので、より高度で幅広い知識が必要となる。したがって通院の便利さなどもあるが、可能なら矯正歯科を選択するべきである。  一般に矯正歯科では、歯科大学を卒業した後矯正医として数年知識を学び、経験を積んだ医師が治療を行っているので、美しい外観、治療期間の短縮、さらに安全面を望むなら、矯正歯科での治療を選択することは患者にとって有利なことである。

医療控除の対象になると還付金がもらえる

 矯正歯科での治療は健康保険が適用されない自由診療のため、治療費が全額自己負担となる。また、自由診療は各医療機関で治療費をそれぞれ決定できるので、支払う金額もまちまちである。但し、一部例外が認められており、顎変形症などの疾患で手術をした場合は手術費は保険適用になるので、確認は必要である。  矯正治療にかかる費用は、患者の症状や治療方法にもよるが、初回の通院から矯正治療後の安定期間の通院までを含めると、100万円を超える場合もある。このように自由診療で治療費が高額になる場合は、治療内容によって治療費が医療控除の対象となる。単に美化を目的とした治療では対象外であるが、歯の成長に害を及ぼすのを防ぐ歯列矯正であれば対象となり得る。したがって、管轄の税務署で確定申告をすれば、還付金を受け取ることができる。